2017年10月13日

紀州鉄道廃線跡めぐり…3

引き続き、紀州鉄道の廃線跡めぐりをお送りします。

IMG_5030.JPG

しばらく道なりに歩いてみたところ、割と近い位置に再び線路と合流する場所を発見したので、北方向にカメラを向けてみます。
ここまでずいぶん距離を歩いたような気がしましたが、よくよくあたりの景色を確認してみると、まだ西御坊の駅が見える位置までしか来ていませんでした。(´Д`;)
この画像から察するに、せいぜい直線で150メートル程度でしょうか…。
色々と荷物を抱えていたのと、所々で撮影のために立ち止まったこと、それに土地勘のまったくない状況が錯覚させたのでしょうね。
前日は「ムーンライトながら」での車中泊でしたし、疲れていたせいもあるのでしょう。

さて。
線路は若干東寄りに曲線を描いていたのですが、この場所はそのカーブの出口といった感じです。
乗用車同士がすれ違うことのできる幅の道路を横切っていますから、ここには多分踏切が存在していたのでしょう。
しかし線路は完全にアスファルトで埋められていますし、あたりにはそれらしい痕跡はうかがえなかったと記憶しています。
…ここにも立ち入り禁止の看板があるので、大人しく侵入することなく撮影をしましたが。
目の前に見える工場のものでしょうか、線路と建物のわずかなスペースに、色々なものが打ち捨てられて(置かれて?)いるのがうかがえます。
恐らく地元の人たちにとって、この廃線跡の扱いはまぁその程度のものなのでしょう。|д゚)
列車が通らなくなってから19年もの月日が経っていることもあって、レールは完全に錆びついていますが、線路内は想像していたより劣悪な状態ではないですね。
もっと荒れ放題かと思っていたので…。
ところで、左側に写っている錆びついている立て看板ですよ。
新しかった頃にはかわいいキャラクターだったのかもしれませんが、こんな状態ではただ不気味だという印象しか持つことができませんね。(´Д`;)

IMG_5029.JPG

南を向いてみると、こちら側も立ち入り禁止になっています。
なぜかこの場所だけ柵が厳重な造りになっているようですが、何か理由があるのでしょうか。
線路内をよく見ると、私物らしいものがいくつか置かれている様子ですし、それどころか奥の方には軽トラが停まっているんですが…。
しかしどうやら、その軽トラがある場所で線路と道路がクロスしているようなので、それに向かって歩いていくことにします。
続きます。

撮影データ:
2008年10月 紀州鉄道線 西御坊〜日高川(廃線)
Canon EOS Kiss Digital X + EF-S18-55mm/F3.5-5.6 IS
posted by くろやっこ at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道画像(西日本)<民鉄>